ブログ

TOP > ブログ > メルマガ配信しております!〈1.遮熱と断熱〉

メルマガ配信しております!〈1.遮熱と断熱〉

date : 2019年01月15日

メルマガ配信しております!〈1.遮熱と断熱〉
先日より、問い合わせいただいたお客様へメルマガ配信を行っております!
2018年10月配信済の第一号をアップいたします。

遮熱と断熱って?エコの疑問にお答えする芝正園マガジン

こんにちは。株式会社芝正園 環境事業部の磯崎です。
この度、弊社はメールマガジンの配信を開始いたしました!
お時間の空いたときにさっと目を通していただくだけで、
省エネ、エコに詳しくなっていただけるような、
お得で楽しいマガジンにしていきたいと思います!
どうぞお楽しみに。

━┓━┓───────────────────────────────────
□┃■┃芝正園環境事業部って?
─┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
私どもは、ゴルフ場や官公庁の造園工事を営む中で、
違った角度から街や人々のお役に立てないかという思いで
環境事業部を設立し、3期目を迎えました。

『建物を守り、住む人を守り、それによって環境を守る』をコンセプトに、
特殊塗料や省エネシステムの販売・施工を行っております。 
詳細はこちら↓
https://premium.ipros.jp/e-gyoshu/

━┓━┓──────────────────────────────
□┃■┃「遮熱」「断熱」の違いって?
─┗━┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今回は、混同されがちな
「遮熱」と「断熱」の違いについて、
簡単に解説していきたいと思います!

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「遮熱」とは・・
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ロ熱を反射する
太陽光からは、可視光線のほか、
紫外線、赤外線などが放射されています。
このうち赤外線には、物質に熱を伝える性質があります。
電気ヒーターなどでもおなじみですね。

この赤外線を跳ね返し、
熱を伝えないようにしてしまうのが
「遮熱」です!

■遮熱の実例
外の暑さ、寒さを屋内に直接伝える窓ガラス。
ガラスの遮熱によって、外の気温の影響を受けにくくなります。
また、直射日光を受けやすい屋根を遮熱すると、
屋内気温が安定して快適に!
夏の暑さ対策に大変有効です。

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「断熱」とは・・
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ロ熱を伝わりにくくする
直接は熱くて触れない鍋も、
鍋つかみを使えば触れますね。
このように、熱を吸収して伝えにくくするのが、「断熱」です。

■断熱の実例
通常建築物は断熱材である程度断熱していますが、
断熱材は熱をため込むので、
たとえば夏の夜などはじわじわと熱を室内に伝えてしまいます。
屋上や屋根・外壁など外側からさらに断熱したり、
併せて遮熱対策を取ったりすると、
外気の暑さ、寒さから屋内をより守ってくれます!

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
遮熱、断熱商品のご紹介
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
弊社では、数ある遮熱、断熱商品の中から、
実際に効果がある、施工しやすい、失敗リスクが少ない、など
お客様に喜んでいただける商品をご紹介しております。

■ガラス用遮熱塗料「ARAYGA」
  https://premium.ipros.jp/e-gyoshu/product/detail/2000398741

□超薄型遮熱シート「トップヒートバリアー」
  https://premium.ipros.jp/e-gyoshu/product/detail/2000353457

■水性遮熱・断熱塗料「クールヤネ」
  https://premium.ipros.jp/e-gyoshu/product/detail/2000111661

他にも省エネ、エコ関連製品をいろいろ取り揃えております。
ぜひチェックしてみてくださいね!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
最後までお読みいただきありがとうございます。
次号は、

【GDP1%弱!4兆円にも及ぶ腐食対策費・・
 今、40年近い防錆と耐久を併せ持つスーパー塗料に大注目!】

など、皆様のお役に立つ情報を
配信していきますのでよろしくお願いいたします!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■編集後記*珍しい特注品■

環境事業部部長の百足です。
先日歯医者で、
『下の歯用のマウスピース』をオーダーしました。
歯医者さんには、
「マウスピースといえば上の歯用で、下の歯は初めてだよ」と
驚かれました。

実はこれ、『ダイビング時に差し歯が欠けないように』作ることにしたんです。
潜る際には酸素の出るチューブを咥えるのですが、
思わず強く噛んで差し歯を破損するのが心配だったので。。

無事に特注マウスピースが完成したので、
近いうちダイビングを再開したい70歳でございます。